脱毛はサロン派?自宅派?

鼻毛も脱毛??

今日、何気にインターネットを見ていたんだけど、たまたまですがバナー広告で鼻毛の脱毛ってのが出てきたんです。

 

鼻毛と言えばフィルターの役割を果たしていると言われます。ほこりや小さな虫などが呼吸器の奥深くまで吸い込まれるのを防ぐし、鼻の穴の中の温度や湿度を保つことにも役立っています。

 

またにおいを嗅ぎ分けるという重要な働きにも関係していて鼻毛のなかには粘膜に細かく生えている嗅毛と呼ばれるものがあり、においの微粒子が粘液に溶けて嗅毛を刺激すると、そこで捉えられたにおいは電気信号となって脳の嗅覚中枢に伝わり、私たちがにおいとして感知できるといいます。

 

確かに鼻毛が出ていると恥ずかしいですが、脱毛しちゃうの??っていうか脱毛しちゃっていいものなの?においを感知しているんでしょ?

 

本当に大丈夫なんでしょうか?昔から鼻毛は抜くとだめで切りなさいと言われたけど、脱毛ってそこまで進んでるんですね〜。ちょっと驚きです。

 

でも、興味あっても、鼻毛脱毛お願いしますっていうことが恥ずかしいですよね。全身脱毛のついでに鼻毛脱毛も含まれているというサービスがあるといいですけどね。

 

だけど、鼻毛はないと困るという考え方も一般的にありますから、当たり前のように含んでくれいるということは考えにくいですよね。

 

選択で鼻毛脱毛を含むか含まないかという話になるとやっぱり恥ずかしいんですよね。

顔のうぶ毛ってシェーバーで剃っても、気が付くとすぐ生えています。
特に口の周りと眉毛は2、3日するともう生えています!?

 

最近、剃るのも面倒になってきたので脱毛しようかな〜と思ってきたので、「銀座カラー」に行ってみよう!!と思います(^^)

 

脱毛専門店 銀座カラー

 

「銀座カラー」といえば、脱毛専門店なのであまりエステのような癒し空間という雰囲気ではありませんが、料金も安いし脱毛だけできればいいという人にはいい脱毛サロンだと思います!!

 

そういうこともあって、脱毛ランキングにはいつも大体1位になっています!!
予約がちゃんと取れるかだけが心配ですが、とくに脱毛サロンで癒されたいという気持ちもなく脱毛さえしっかり出来ればいいので「銀座カラー」がいいです!!

 

友達も「銀座カラー」に行っていた子もいて、話を聞いてみると特にトラブルもなく普通に脱毛してもらったということなので、脱毛専門店ならそのあたりはしっかり脱毛してもらえるのかな〜と思います。そんな話を聞くと安心して通えそうです!!

 

ここ最近はエタラビとかキレイモとか色々脱毛サロンが登場してきて選ぶのがむしろ難しい時代になってきていますけどね〜〜
(参照サイト)キレイモ口コミ〜効果は!?他の脱毛サロンと何が違うの!?

続きを読む≫ 2014/09/11 01:12:11 blog

私はスマホでいつも動画を楽しんでいます。スマホはパソコンのように立ち上がるまでに時間がかかる事もないので、つい便利に感じて何時間も動画サイトを利用してしまいます。そのため通信料が多く、定額で何時間使っても一定以上の料金がかからないプランを利用していますが、毎月のスマホ代は高額です。スマホを含めて通信費を抑えたくても動画を見る事が人生の楽しみなので困難な状況なのです。

 

会社によっては自社のサービスを利用すればスマホとパソコンのセット料金で割安になるプランがありますが、私の住んでいるマンションでは利用できないとの事です。スマホ代とパソコンをインターネットにつなぐルーター代など通信費の出費は本当に痛い所です。動画を見る回数を抑えるために他の趣味を探していますが、やはりインドア派の私にとってはスマホで動画を見るという行動を無意識のうちに行ってしまうのです。

 

最近は利用している会社を変更し、格安スマホなど料金の安いプランを検討しています。しかし動画の速度などの問題で踏み込めず、結局だらだらと日々を過ごしている状態です。格安スマホだとセキュリティーなどの問題があるのではないかとお金も無いのに考えているのです。しかし最近は収入も減り生活が大変な状況にあるため、一刻も早くスマホ代の軽減に努めて出費を抑える方法を実行していきたいと思います。

続きを読む≫ 2014/09/10 13:26:10 blog

美容や健康食として話題の塩麹。発酵食品なので抗酸化作用もありアンチエイジングの面でも人気があります。素材の旨みをひきだしたり、調味料としても使いやすく重宝します。

 

最近ではそんな塩麹だけではなく、しょうゆ麹も話題になっているそうです。しょうゆ麹はソースとして使ったり、ディップとして使ったりそのまま使えるのがお手軽で便利です。

 

 

野菜につけたりして食べるとおいしいそうで、今度買ってやってみたいと思います。塩麹も野菜につけたりして食べているので、きっとしょうゆ麹もおいしいはずと期待できます。

 

麹のパワーで体内の活性酸素を中和してさびない体づくりになるようにいつまでも若々しくいたいものです。それに、乳酸菌も含まれているので痩せたいと思っている方にも最適です。乳酸菌の整腸作用で、便秘の解消も期待できます。

 

アンチエイジングにデトックスにと、美容と健康の面からも効果が期待できるので、ブームだけではなく家の調味料の一つにいれたいですね。スムージーで綺麗になるというのが流行っていますが、それだけを3食置き換えるわけにはいきませんからね。

続きを読む≫ 2014/07/19 15:49:19 blog

美容雑誌やサイトでもレシピ特集が組まれてブームになってきているサバの缶詰ですが、下手なダイエットサプリを摂るよりもサバ缶を食べている方が体脂肪が減るというデータもあるそうですので、ダイエットやお肌のテカリで悩んでいる人にはベストアイテムかもしれません。

 

サバ缶の日本一の生産量と消費量を誇るのは実は山形県です。サバ漁がさかんということもありますが、山形県の特に村山地域と呼ばれる辺りでは20代女子から熟年世代まで肥満率が低く、肌もきれいなようです。

 

またサバ缶を食べた上でウォーキングなどの軽い有酸素運動を取り入れると体脂肪の燃焼率は急速に上がるそうです。

 

 

青魚に多く含まれるEPAですが、サバ缶は特に含有率が高くこのEPAが人の小腸にあるGLP-1というホルモンに働きかけて余分な糖を代謝したり、体脂肪を減らしたり、胃に働きかけて満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防いだりする効果があるそうです。

 

体内の代謝が上手くいけば美肌にも直接的な影響が現れますので、いろいろ工夫して毎日の食事に活用したいですね

続きを読む≫ 2014/06/02 13:09:02 blog

サーモンやイワシに入っているDMAEという成分が、肌などの筋肉を引き締めて、ハリを出し、たるみ防止へと導いてくれるそうです。

 

DMAEとはジメチルアミノエタノール (dimethylaminoethanol)の略でアンモニアから水素を除去したアミンの一種です。肝臓で必須栄養素コリンに変換され、思考力や記憶力も高める効果が期待できる、とアメリカの食品栄養委員会で発表されており、ガン予防にもなるなど抗酸化作用も強い成分です。

 

 

DMAEはサーモン、イワシ、アンチョビ(ニシン目カタクチイワシ科の小魚の総称)などに含まれており、サーモンを1日2回半年ほど食べ続けると、シミやたるみが消えてしまったという研究例も出るほどの強力な抗酸化成分です。DMAEを魚などから摂取すると筋肉が引き締まることがわかっており、小顔効果も期待できます

 

魚料理は手がかかるイメージがありますが、これらの魚はとても身近で手軽に食べられる類いのものですし、最近では保存料無添加の缶詰もあるので、賢く利用してDMAEが入っている魚を摂取する機会を増やしましょう。

続きを読む≫ 2014/06/01 13:08:01 blog

お好み焼きと言えば大阪など西日本に定着しているご当地グルメで、炭水化物の代名詞のようにも思えてしまいがちですが、実はほとんどがキャベツで、かなりバランスの良い美肌食なのです。

 

お好み焼きは小麦粉を大量に使うイメージがありますが、実は1枚当たりにすると全体の10%以下で、80%はキャベツが占め、つなぎの長芋や野菜ダシが10%前後ということで、むしろ『野菜焼き』と分類できそうですね。

 

ソースも太るイメージがありますが、実は原材料はトマト・タマネギ・リンゴなどを煮詰めたものです。

 

かけることによって美味しくなるだけでなく、野菜もさらにたっぷり摂れることになり栄養満点です。

 

豚ばら肉を使うのが代表的ですが、完全栄養食ともいわれる卵も入り、少量の動物性タンパク質とどっさり野菜のバランスは疲労回復効果や、つやつや肌キープにも効果ありです。

 

またキャベツのビタミンU(キャベジン)が胃腸を保護して、食べ過ぎても翌朝の胸焼けや飲みすぎによる体への負担を軽減してくれるそうです。

 

「お好み」焼きと言われるだけに、自分の好みでいろんなものを混ぜ混んで作ることができ、目的に合った美肌食にすることができるのも魅力的ですね。

 

お好み焼きの美肌効果

お好み焼きは第二次大戦後の食糧不足の時期に、少量の小麦粉・野菜・お肉・魚介類を一度に混ぜて焼くとボリュームのある料理になるとして誕生したそうです。

 

合理主義の関西人気質にあう料理で大阪を中心に昭和30年代から急速に広まり、ご当地グルメとして定着しました。美肌の基本「う・な・は・だ・け」が揃う栄養価なのだそうです。

 

「う」は潤いで、山芋のムチンからヒアルロン酸補給ができることから。「な」なめらかさで、こんにゃくからセラミド補給できることから。「は」ハリで、肉類や魚介からのコラーゲン補給ができることから。「だ」は弾力で、かつおぶしのエラスチンが補給できることから。「け」は血色で、肉類からの鉄分補給ができることからきているそうです。

 

食べてみたいと思っていても苦手で食べられなかった食材も、お好み焼きに混ぜれば美味しく食べることもできます。なんといっても鰹節・ソース・マヨネーズをかけると定番のお好み焼き味になるところが魅力ですね。美肌料理のひとつとして是非活用してみたいです。

 

お好み焼き美肌レシピ

美肌食お好み焼きの基本は小麦粉・キャベツ・卵です。他に入れる一般的な具材としては豚肉・エビ・いかなどでしょうか。定番のお好み焼きでももちろん美味しいのですが、入れる材料に工夫を凝らして美肌食としての効果をUPさせることができます。

 

例えば豆腐・大根おろし・もやしなどがおすすめです。イソフラボンや食物繊維をプラスでき、味も損ねない上にもちもち感もUPします。

 

大根おろしとはそのまま、豆腐は手で潰して、もやしはみじん切りにして生地に混ぜ混みます。目安はそれぞれ一人前に大さじ1〜2程度でしょうか、入れすぎると生地がまとまりにくくなりますが好みで増減してみてください。

 

他にも小松菜やニンジンや鶏肉もおすすめです。苦手な食材を生地に入れてミキサーなどで液状にするのもお手軽です。

 

基本の焼き方は、温めたフライパンやホットプレートに油をしいて生地を広げて焼きます。豚肉は生地を広げたあとに上にトッピングして、やや強火で4分加熱します。

 

裏返して中火に落としてトッピング面を4分加熱。また元の面に戻して中火のまま2分加熱します。厚さで変わりますが、大体合計で10分焼くと中まで火が通って、中はふんわり、表面のお肉はカリッと仕上がります。

 

お好み焼きでおいしく美活しちゃいましょう。

続きを読む≫ 2014/05/04 13:11:04 blog

ワインのお供のおつまみとして出されたりするおしゃれおつまみアーティチョーク。実はデトックス効果が抜群なのです。

 

アーティチョークは別名チョウセンアザミというシナラ属キク科の多年生植物です。フランス料理やイタリア料理ではポピュラーな食材でマリネなどにして出てくる事が一般的ですが、16世紀の中央ヨーロッパでは国王や貴族、お金持ちの愉しみとして食べられる野菜だったそうです。

 

食用とされる部分は主にガクで、舌ざわりはユリネによく似ています。

 

 

アーティチョークは100g中に食物繊維は約6.1g、カリウムは430mgとデトックス作用のある成分が含まれています

 

リラックス効果が高いカフェ酸誘導体、強力な抗酸化効果のフラボノイド、アンチエイジング効果も期待出来るトリテルペノイドなども含まれている美容食材です。

 

最近の研究で明らかになり、取り分け注目したいのがアーティチョークに含まれている「シナロピクリン」という成分の美白効果です。

 

シナロピクリンにはメラニン色素の抑制や毛穴を目立たなくする働きがあるそうで、この成分は葉に一番多く含まれているものの、茎や花芽にもきちんと含まれているというから見逃せないですね。

続きを読む≫ 2014/05/03 13:10:03 blog

カネボウ化粧品が独自開発し「メラニン生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ効果を有する」医薬部外品有効成分として厚生労働省から認可を得たロドデノール4-(4-ヒドロキシフェニル)-2-ブタノールという成分で白斑症状の原因になったといわれて話題になったのはまだ耳に新しいニュースです。

 

カネボウ化粧品、リサージ、エキップの3社がこの成分を含有した商品を製造販売しました。ロドデノールはメラニンを生成するときに最も重要な役割を果たすチロシナーゼという酵素の働きを抑制・阻害することで、メラニン生成を抑制するのに高い効果を示すとされていました。

 

まだ調査中で不明なことも多いようですが、日本皮膚科学会・関連省庁・カネボウ化粧品が協力体制をしいて全貌解明を急いでいる最中だそうです。

 

 

日本皮膚科学会の本件調査委員会によれば、該当化粧品の使用をやめるだけで特に治療をしなくても自然に症状が回復してきている人が多く見られているとのことで、経過を追えている259名のうち、使用中止後6ヶ月以上経過した50名中29名(58%)の人に軽快傾向または治癒がみられているとのことです。

 

原因解明と解決の時が少しでも早くきますように。

続きを読む≫ 2014/04/17 13:16:17 blog

病気や肌荒れなど私たちの体に様々な悪影響を及ぼす活性酸素ですが種類は様々です。中でも知らない間に美肌を蝕んでいるのは一重項酸素というもので、増えてくると20代でも肌がゴワついたり、表情ジワができたりするのですがとても簡単な改善策があります。

 

一重項酸素は紫外線が皮膚にあたると皮膚の細胞から発生する活性酸素の一つで、肌の弾力を支えるコラーゲンを破壊してしまう要因になり、紫外線対策に良いと言われるビタミンCとEも効きにくいとも言われています。

 

予防としては体内でビタミンAに変わるカロテノイドが有力で、アスタキサンチンが一重項酸素を除去する力が優れており、コエンザイムQ10の約1,000倍とも言われています。

 

 

アスタキサンチンは赤みの強い魚介類や植物に多く含まれ、サーモン・カニ・エビ・トマト・ニンジン・カボチャ・柿などがその代表格です。秋冬はつい紫外線に油断してしまいがちですが、これらの食べ物を鍋で美味しく楽しめる季節でもあります。

 

アスタキサンチン入りの化粧品や、サプリメントも出ているのでうまく活用して、大切なお肌の細胞を傷つける一重項酸素を除去してしまいましょう。

続きを読む≫ 2014/04/01 13:15:01 blog

ファンケルがはじめた角質マーカー診断というサービスがあります。肌トラブルや老化に関わる特定のタンパク質の量を計測してくれるというもので、2012年には日本化粧品技術者会の母体組織である国際化粧品技術者連盟でも発表されたとのことです。

 

角層はアカとなってはがれていく肌の一番表面の部分なので、テープ一枚についてくるわずかな角層で測定することが可能なのだそうです。

 

 

気になる流れは、頬の一部のメイクを落としてテープを貼って角層を採取するのに約20分、角層からタンパク質を抽出し抗体チップを用いて解析を行うバイオマーカー解析に約90分。その後、研究員による結果の説明が約20分の合計2時間強で終わるそうです。

 

ファンケルの調べでは、角層中の角層タンパク質によってストレスへの反応の違いが生じるそうなので、調べることで肌悩みの原因が分かるかもしれません。

 

それぞれのタイプに肌悩み改善法があるそうですので、角層バイオマーカー測定を受けて肌の特徴を知り、シミやシワのできやすさなどエイジングに対するリスクを予測するのもいいかもしれないですね。

続きを読む≫ 2014/03/22 13:14:22 blog